株の面白さ
株式売買の仕組み
株の基本知識
オンライントレードの前知識
株式の取引
参考になる情報源
株式の雑学
 

このサイトは、まったくの初心者が株をはじめる時に必要な事を
なるべくわかりやすい言葉で紹介しています。

株というと独特の専門用語が多く、たくさんの知識が必要なので
どうしても一歩踏み込めない、という印象が強いと思われますが
まずは難しく考えずに、このサイトで「株取引に関する知識」を吸収してください。きっとあなたの株に対する印象が変わると思います。

証券会社比較 おすすめ証券会社
株の面白さ
株とはどのようなものなのか?株のどこが面白いのか?そういったことをここでは説明しています。一番最初の基礎なので、必ず目を通してください。

・投資の面白さ
株取引に興味を持っている人のほとんどが「利益」を求めていると思われます。しかし、他にも「投資の面白さ」というものもあります

・利益を上げる面白さ
株取引に興味を持っている人のほとんどが「利益」を求めていると思われます。そういう意味で“株取引の面白さ”は「利益を上げること」と言えます。利益を上げられる方法は、大きく分けて「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」、「株主優待」です

・情勢を知る面白さ
株投資を続ける中で、面白みを感じてくることの一つに「情勢を知る面白さ」があります。情勢に興味のない人には、「面白さが感じられない」と思われるかもしれませんが、逆に「面白さを感じられなければ、株式投資での利益を上げられない」とも言われます

・現実的なゲームとしての面白さとギャンブルとの違い
株式投資を通じて、“企業を見守る面白さ” “企業に参加出来る面白さ” “市場を読む面白さ” “お金儲けが出来る面白さ”など、面白さは多岐にわたりますが、これらの面白さはある種のゲーム的な面白さと言えるかもしれません
株式売買の仕組み
実際の売買に必要な流れや仕組みを説明しています。

・株式市場の仕組み
世界中の投資家を対象に投資をしてもらう際に、効率よく売買が出来る仕組みがとられている場所が「株式市場」だと言えます。この株式市場に証券会社を通して売買注文が集められ、順次、売買処理されています

・利益を上げる方法
利益を上げられる方法は、大きく分けて「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」、そして「株主優待」です

・オンライントレードの仕組み
オンライントレードの仕組みのについて解説しています

・オンライントレードのメリット
オンライントレードには、たくさんのメリットがあります。下記に大きなメリットを幾つか紹介します

・オンライントレードのデメリット
オンライントレードは、簡単に効率よく株売買を行えますが、デメリットもあります。代表的なものを下記に紹介します

・オンライントレードの留意点
デメリットとも言えることですが、留意点として、気をつけなければいけないことも多々あります。その留意点として“タイムラグ”があります
株の基本知識
株に関する基礎知識として専門用語をまとめてあります。他にも知らないといけない料金などもここに記載しています。

・株価の変動
「株価とは常に変動するもの」と言えます。その理由は様々ですが、大きく3つの理由があります

・株式売買に付随してかかる料金
株式の売買には、株式の実費の他に、証券会社に払う「株式売買委託手数料」と、売買で得た利益により、所得税と住民税という税金がかかります

・株式の意味
「株式」とは株式会社が資金を集めるために発行した「有価証券」の事をいいます。この株式の売る事で企業は資金を集め、その資金を企業は業績を上げる為に投資します

・資産・収益に関する用語
インカムゲインや株主優待など、資産・収益に関する用語の一覧

・情報に関する用語
テクニカル分析やディスクロージャーなど、情報に関する用語の一覧

・市場・取引に関する用語
グロース投資や売買取引停止制度など、市場・取引に関する用語の一覧

・金融商品に関する用語
投資信託やグローバルオファリングなど、金融商品に関する用語の一覧
オンライントレードの前知識
いよいよオンライントレード!
その前にもう一度確認しておかなければいけないことをまとめてみました。

・ネット環境を整える
オンライントレードとは、インターネットを使った株式取引です。つまり、オンライントレードを行うにはネット環境を整える必要があります

取引口座の開設
オンライントレードを初めるには、証券会社に口座を開設する必要があります。株を売買する際のお金のやりとりは、基本的にこの口座を通じて行われます

投資スタイルを決める
自分に合った証券会社を選ぶには、まず自分の投資スタイルを決めることが大切です。証券会社は手数料体系もサービスも千差万別で、自分に合ったものを選ばなければ、手数料が高くついたり、希望のサービスが受けられないなどの問題が生じてきます

投資先<銘柄>を決める
銘柄選びの基準は、千差万別です。しかし、投資家にとって参考にするべきポイントは幾つかあります

証券会社の決め方
自分の投資スタイルが決まれば、スタイルに合わせた証券会社の選択が出来るようになります。選択のポイントは主に、手数料、取扱い商品、機能になります。また、投資スタイルだけでなく、自己資金も考慮に入れなければなりません
株式の取引
XXXXXXXXXXXXX

・株式の買い方
オンライントレードでは、各証券会社のホームページから株式の売買を行うことになります。各証券会社によって、商品もホームページの作り方も異なりますが、おおまかには、下記のような売買法になります

・デリバティブ(派生商品)
デリバティブとは通常の取引から派生した商品(取引)の総称を言います。証券会社により扱っていない場合もありますが、その“派生商品”の一例を下記に紹介します

・株式の売り方
株式の売り方は、買う時と同じ操作方法になりますが、配当金などの“株価の変動による利益”で収入を増やす場合には、気をつけなければいけないことがあります
参考になる情報源
XXXXXXXXX

基本的な情報源
オンライントレードでは、各証券会社のツールを利用すること等により、色々な情報を得ることができますが、オンライン以前には欠かせなかったツールとして、経済新聞、会社四季報、チャートブックがあります

新聞
新聞のメリットの一つとして、“経済などの全体像が把握しやすい”という点があります。その為、今後の動向を予測する上では欠かせない情報源の一つと言えます

会社四季報
株取引を行う際に必要不可欠になるのが、その企業の情報です。会社四季報とは、東洋経済社という会社が毎期発行しているもので、企業の財務状態の解説およびランク付け、今後の見通しなどをコンパクトにまとめて記載しています

・チャートブック
株価の推移を表す棒状のグラフを「チャート」と言い、一日の株価の変動を「ロウソク足」と呼ばれるもので表します。そして、そのチャートをまとめたものを「チャートブック」と呼びます

・株価指数
株価指数についての説明
株式の雑学
XXXXXXXXXXXXX

・二極化相場
一般社会でもそうですが、株式市場においても「二極化相場」「二極化現象」といわれることが多々あります

・バブル経済
バブル経済とは、簡単に言うと「実態の伴わない高騰した経済」のことで、不動産や株式をはじめとした資産の価格が、投機によって相応な価格以上に上昇し、その上昇が魅力となってさらなる投機を呼ぶという循環が起こっている状態の経済のことをいいます

・株価変動の原因
常に変動をしている株価ですが、簡単に言うと、その原因は“需要と供給のバランス”の為です

・貸株市場
株取引の中には、実態が無い状態で状態で取引を行う方法があります。具体的には、「信用取引」がそれに当たります

・仕手株
仕手(または仕手筋)と言って、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、株式市場などで大量に投機的売買を行う人(集団)が存在します
2008(C) XXXXXXXX